東北大学病院 泌尿器科 外科病態学講座泌尿器科学分野

東北大学病院 泌尿器科 前立腺 尿失禁 人工尿道括約筋 人工括約筋

Home          医局概要

医局概要

概要


ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術
東北大学医学部泌尿器科学教室は1959年(昭和34年)、東北大学第一外科出身で、当時、福島県立医科大学第一外科教授であった宍戸仙太郎教授を初代教授として、福島県立医科大学第一外科と東北大学第一外科から移行した10名余りで発足した、我国ではめずらしい外科由来の泌尿器科です。欧米の泌尿器科は殆ど外科に属しておりますので、同様なスタイルで始まっているわけです。設立以来、臨床面でも研究の面でも常に我が国を代表する泌尿器科学教室なっております。初代宍戸教授は他に先駆けて、神経因性膀胱やアンドロロジーの分野で目覚しい成果をあげ、第二代、折笠精一教授はさらにこの分野を発展させるとともに、尿路結石の内視鏡手術や体外衝撃波治療を確立し、我が国における小児泌尿器科疾患の診療レベル向上に貢献しております。2001年12月より荒井陽一教授となり、EBMに基づいた泌尿器悪性腫瘍の機能温存・再建治療と、腹腔鏡による低侵襲手術が盛んに行われるようになりました。泌尿器悪性腫瘍、特に早期前立腺がんに対しては、QOLを重視した最先端の治療・研究に取り組んでいます。また副腎外科では国内最多の手術件数を誇り、なかでも、原発性アルドステロン症の手術は世界トップクラスにあります。2012年からは手術支援ロボットダヴィンチが導入され、前立全全摘術などがロボット支援下に行われています。まさしく21世紀をリードする泌尿器科学教室となっております。

泌尿器科には

泌尿器科には日本泌尿器科学会の専門医制度があります。泌尿器科専門医になるためには、2年間の卒後臨床研修終了後、4年間の専門医研修を経て専門医試験に合格する必要があります。東北大学病院で卒後臨床研修をおこなう場合は、研修自由枠として最初に泌尿器科を選択する「泌尿器科ダイレクトコース」がお勧めです。この場合は泌尿器科がホスト診療科として、その後のスーパーローテート研修のために親身になって相談に応じます。

     

4年間の専門医研修では、東北大学泌尿器科教育委員会が責任を持って引き受けます。大学病院、県立こども病院、県立がんセンター、ほか地域の基幹病院で、あらゆる泌尿器科疾患を十分に研修できるように配慮しています。卒後研修、専門医研修の詳細については「学生・研修医の皆様へ」をご覧ください。

専門医取得後の進路は基本的には本人の自由意志で決めます。多くの場合は大学院に入学して研究を行っています。研究は基礎研究、臨床研究のいずれでも選択できます。指導教官が学位(博士号)取得まで一貫して指導します。大学院に入学せずに臨床を中心にした進路も選択することができます。しかしこの場合でも最新の医学知識を身につけるために、一定期間大学病院に戻って研鑽を積むことを勧めています。これらの過程は専門医取得後にリサーチマインドな姿勢を身につけ、かつ人間性豊かな泌尿器科医になるために重要なステップと位置づけています。

大学院卒業後は


学生実習風景
大学院卒業後は基幹病院でさらに臨床修練を積み、泌尿器科指導医の取得という次のステップを目指します。この間、適宜、大学へ教官として戻る方もいます。また海外に留学して研究を深めることもできます。海外留学は米国、カナダなどの研究機関を中心に派遣しています。国内研究施設への留学も随時行っています。

泌尿器科の扱う疾患は大変多彩です。小児から高齢者まで男女を問わず診療します。また診断から治療まで一貫して診療を行えるメリットがあります。泌尿器科の基本は外科ですが、内科的要素もたくさんあります。小さな処置・手術を中心にしたoffice urologyも大きな診療分野です。少子高齢化の現在、泌尿器科医へ需要は高まる一方です。日本も含め、欧米でも泌尿器科医のステータスか非常に高いのが特徴です。尿失禁などの婦人泌尿器科の疾患も急増し、女性泌尿器科医の需要も高まっています。

仙台は人口100万の大都市ですが、緑に囲まれた杜の都です。すぐ郊外には美しい住宅地が広がっています。松島、蔵王連邦などの自然にも恵まれています。夏は涼しく、冬の積雪は余り多くなく、一年中過ごしやすい環境です。

勉強したいと思っている方、私生活に余裕を持って良い仕事をしたいと思っている方、ご連絡ください。

東北大学医学部泌尿器科
医局長 三塚 浩二
ikyokucho@uro.med.tohoku.ac.jp


TOP