東北大学病院 泌尿器科 外科病態学講座泌尿器科学分野

東北大学病院 泌尿器科 前立腺 尿失禁 人工尿道括約筋 人工括約筋

Home          教授挨拶

教授挨拶

次世代を担う医学生と若き医師達へ

泌尿器科は、新生児から超高齢者まで男女を問わずすべての年齢層を対象としています。そのなかで取り扱う疾患は、泌尿生殖器系悪性腫瘍、排尿障害、尿失禁、男性不妊とアンドロロジー、男性性機能障害、小児泌尿器疾患、副腎などの内分泌疾患、尿路結石症、尿路感染症、など多岐に渡っています。

泌尿器科臨床では、ロボット支援手術や腹腔鏡下手術に代表される低侵襲治療法、骨盤内手術と機能再建、尿路再建、抗癌化学療法、高齢者排尿管理、小児先天異常手術、顕微鏡下精路再建、など多方面で、質の高い医療の提供と先端医療技術の開発・研究をめざしています。基礎部門では、泌尿器科悪性腫瘍の分子生物学的解明や糖鎖発現研究、遺伝子治療、排尿機構の解明と機能再建、男性機能障害の基礎と臨床、人工臓器開発と再生医科学、閉塞性腎症の解明、男性不妊の遺伝子解析、など多くのテーマに取り組んでいます。国内外を問わず臨床および基礎において多数の共同研究を進めています。

泌尿器科には

泌尿器科診療の特徴は、診断から治療まで一貫して泌尿器科医の手によって行われることです。当科の卒後臨床研修と専門医研修は、若い医師たちが、初診から治療そして経過観察まで患者と接することにより、高度な医学知識と技術そして医師としての豊かな人間性を形成して行くことをめざしています。専門医研修期間は東北大学泌尿器科教育委員会が各自の研修状況を把握し、豊かな臨床経験を積むための適切なドアバイスを行います。高齢化社会の到来を迎え、すべての医療現場で泌尿器科の専門的知識・技術が求められています。また婦人泌尿器疾患の増加により、女性泌尿器科医の需要もますます高まっています。

今こそ自由闊達に活躍する若きエネルギーを必要としています。
次世代を担う若き医師達諸君!

泌尿器科医を目指そう!


TOP