東北大学病院 泌尿器科 外科病態学講座泌尿器科学分野

東北大学病院 泌尿器科 前立腺 尿失禁 人工尿道括約筋 人工括約筋

Home          診療の特長          ロボット支援手術

診療の特徴:ロボット支援手術

ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術

手術支援ロボットはストレスの少ない、より複雑で細やかな手術手技を可能にし、3次元による正確な画像情報を取得できるため、より安全かつ侵襲の少ない手術が可能となります。米国では約1450台、欧州では約350台、韓国では約40台が稼働しています(2011年6月時点)。中でも米国では前立腺癌に対する根治的前立腺摘除術のおよそ85%がロボット支援手術で施行されています。日本においても2012年現在で約40台が稼働しています。ロボット支援前立腺全摘術は今年4月から保険医療となり、今後急速に普及することが予想されます。

手術支援ロボットは、患者接続用ロボットアームのある患者カート、モニターなどのビジョンカート、術者が操作するサージャンコンソールの3つから構成されます。術者は患者とは離れた場所で、精細な3次元画像を見ながらロボットアームを操作して手術を行います。

ロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術は、従来の手術法に比べてより繊細で、正確な手術を行うことができるため、根治性だけでなく尿禁制(尿失禁がない状態)、性機能などの機能温存においてより優れた成績が期待されています。出血量は開腹手術よりも明らかに少なく、創が小さいために手術翌日から歩行が可能です。前立腺摘出後の膀胱尿道吻合も多関節鉗子を用いて正確に行うことが出来るため、尿道留置カテーテルの早期抜去が可能になります。

詳細についてはこちらをクリックして下さい。


TOP